プライバシーポリシー | ログキャビン劍

過去の建築実績

福岡糸島の海沿いに建つ T様邸 - ポスト&ビーム


建物前の部分も芝を種からまかれて
青々となっていました。


アプローチも古レンガを使い建物とも
統一感がありました。
まだ現状では未完成ですので楽しみにしたいと
思います。


遂に完成しました。




海側の広々したデッキで玄海が見渡せます。


玄関前ベンチ


玄関ベンチ式下駄箱


通し柱の感じもだいぶ落ち着き
年々と良い雰囲気を出していくのでは
無いでしょうか。


リビングから眺めた吹抜けの様子
圧迫感が無く広々と感じます。





暖炉のあるリビング


ダイニング


和室の床の間及び飾り棚


浴槽はジェット風呂で快適な上に
お風呂から玄海が見えてなんとも言えない
癒しの場になるのではないでしょうか。


木に囲まれた浴室
壁・天井は木に囲まれ床はコルクタイル
一部に小さいモザイクタイルで曲面を
うまく出しています。


洗面・脱衣所


トイレ手洗い可愛いい陶器になんと
自動水栓が付いていて機能的になっています。


輸入オーダー木製キッチン
アンティーク調に仕上がりました。


アイランドキッチンは一部に大理石を埋め込み
作業が出来て機能的になっています。


階段上がり口の飾り棚


2階通路


2階シェットドーマー部の完成


2階寝室3面鏡収納兼机


2階ゲーブルドーマー部の完成


玄関の金具が付きました。
オーダーでカットした金物で手造り
の感じが出ています。


外部もほぼ終わり足場をばらして
最終仕上げに入ります。




勝手口も塗装完了です。


階段も板と塗り壁の併用で今までと違った
仕上げになってきます。



内部も今回は色を入れ内部の最終仕上げに
入っていきます。


内部も珪藻土仕上げになっていますが
今下地の状態で今週仕上げていきます。
今度ご覧戴く時は全然違ったイメージと
なるでしょう。


煙突も石を貼り完成しました。


ゲーブルドーマーの方も石を貼りまして
珪藻土も塗りほぼ完成しました。


外部の珪藻土塗りもほとんど
終わりに近づいてきました。


玄関も入り塗装後金具が入ってきます。



外部扉が入りステンド調のガラスが
はめ込まれアンティック風に仕上がってきました。


柱などの塗装も進んでいき最終仕上げ
に入って行きます。


こちらは正面の一番上の棟木の所の
飾り板で木目もRに合せて配置しました。



現在外部腰壁に石を貼り始め
最終的に珪藻土で仕上げていきます。
色のバランスが良いですね。


ゲーブルドーマーも出来上がっていき
今から最終仕上げになってきます。


こちらがゲーブルドーマーの内部の状況で
実際中に入ると充分に広さが確保されています。


2階の通路部分トップライトがあり
明るさが充分取れています。


階段も1段目が広くなっていまして
どこからも登り降りが出来ます。


出窓部分には下に収納式のエアコンスペース
となります。


現在下地の状態ですがストーブ置場
と玄関入り口のR型開口部がどのように変化
していくのかが楽しみです。


和室曲がり木を利用した床の間


R型の飾り棚


中の造作工事も順調に進み、今画像に有るのが
下駄箱兼ベンチイスになります。機能的に造られて
いまして座り心地も良いですよ。


外部の左官工事も下塗りが終わりになり
中塗りへと入っていきます。


段々と色合いが変わっていきまして
中の方も少しずつではありますが
下中準備が出来次第左官工事に入って
行きます。


今回は外部に飾りのガラリ戸を
付ける事になりドーマーの所が
いつもと違ってきます。


下地の段階でこのような仕上がりなので
最終的な塗装・珪藻土を仕上げた時に
どのように変わっていくのかが楽しみです。


玄関横の明り窓




又、一階には腰壁に自然石が入ってきますので
バランス良く貼りたいと思います。



外部中心で枠関係を入れていき
内部も手摺を入れていきます。


年が明けて中の電気配線及びエアコン配管・水道配管も
終わり木工事と左官工事に移り変わっていきます。


12月の冬なのに暖かい日が続き
夏のような風景ですね。


上棟時に比べるとだいぶ表情が
変わってきました。
これからももっと変化していきますので
是非、最後までご覧下さい。


棟木周辺は後でちょっと違った仕上げにして
いこうと思います。


上り框も用意してますので窓が入り
床を貼り始めます。


1階掃出し窓です。


2階洋室部分です。


1階出窓部分です。


次はサッシを入れていきます。
今回は木製サッシで外部をアルミ材で
覆ったサッシを使用しています。


晴れの日の色合いもいいですね


屋根工事に入り今回の屋根の色はワインレッド色
暖かい色を出しており、柱や壁などとの
コントラストも現地で打ち合わせ出来上がっていくのが
楽しみです。


上棟が無事完成しました。



煙突も出来上がりました。




泥断熱を入れて行きます。



今回の泥屋根断熱入れもあり、屋根パネル工事は
雨の日を避けて施工しました。


建物に気を入れて末永くお使い出来るようにと
願いを込めて魂入れを行いました。


建物の四隅に四方払いを行っている
様子


濱崎棟梁によります。上棟式です。
大きな大黒柱の前で行いました。


2階も完成しました。
次は屋根組みに入っていきます。


大きなゲーブルドーマーの骨組みが
出来上がりました。

反対の方には大きなシェットドーマー
がありそちらからは玄海が見渡せます。


登り梁を入れて補強し、その上に
ゲーブルドーマーを乗せていきます。


小屋組みが進み今度はドーマーを
組上げていきます。今回は2種類の
ドーマーが付くようになります。



これもまた12m材で元口の根株が
物凄く大きく大黒柱にも負けないくらい
の大きさです。


2階も小屋組みが進み母屋と棟木を
入れていきます。


2階のデッキから眺めた所でこちらに見えるのが
可也山(筑紫富士)がこのような状態で見えます。


こちらに見えるのが玄海の海
良いですね。
私はいつも得をしているような気がします。


すご〜・・・い 下から見上げると
一段と大きさと長さが有るように見えます。


この柱の横から階段で上がっていきますが
こちらの感じも変わった感じに仕上がっていきます。


Rの入り口(玄関より)入るとズドーンと大きな
大黒柱が建っています。


和室になるところはあえて丸太の
両サイドをカットし洋室とは違った
感じを出したいと思います。


玄関から入りR壁の開口があり
最終的な仕上りがいつもと違った
感じになります。文章で説明が出来ませんので
仕上がっていく所を楽しみにしていて下さい。


玄関部分三角の明かり取りと正面には
R型の掘り込み型の飾り棚になります。



壁をどんどん入れていき1階がほとんど
完了しました。


柱を建てほとんどの材が末口30cm以上
ありますので全体的に迫力があります。


デッキに来るとヒノキの香りが漂っており
心地よい香りがしていました。


今回、土台及びデッキ丸太はヒノキ丸太を
使用しています。


土台から敷き込んでいきます。


本日より建て方に入っていきます。
先ず材を運搬し配置を決めていきます。
その中で一番目立っているのが建物中心の
通し柱(大黒柱)で元口60cm程ありご覧の通り
ヘルメットが小さく見えます。


足場も組み上がり12月2日から建て方に
入ります。



泥屋根パネル作成中



2階部分のドーマー部登り梁


こちらが加工し、表面にプレーナー仕上げを
した長材の梁になります。


こちらが加工した構造材ですが一本一本が
いつもより大きな材ですので迫力があります。



こちらが通し柱になる丸太で大きい所では
直径60cm程ある材を使用します。
材自体は燻煙がされていますので黒く変色していますが
加工後数回に分けて仕上げていきます。



末口30cm以上の丸太をバランスも考え
加工していきます。




ヒノキ土台の加工です。
水切り加工もされております。


さあ燻煙開始です。
もう煙が出てきています。



その後、短材を次々入れていきます。


先ずは、長材から入れていきます。


末口30cm以上の大きな材が入り
燻煙釜に入れたいと思います。


敷地より見える玄界灘はとても広大で
まるで南西諸島から眺めた風景に
良く似ていました。
それ位穏やかな気持ちにさせられました。