ログハウス日誌 | ログキャビン劍

ログハウス日誌

  • 2012年10月29日

    706

    屋根泥断熱材の施工風景です。泥にはツナギ材として八代産のい草を練り合わせじっくり醗酵させたものを使用する様にしています。昔から泥壁には稲ワラが練り込まれていましたが熊本はい草の産地ですから稲わらの代わりにい草を練り込んでいます。い草には亀裂防止の役目が有りますので泥に対して引っ張りすぎず緩めすぎず理想的なツナギ材となり泥壁の強度を引き出します。

  • 2012年10月27日

    705

    昨日の雪中画像を見てお客様から電話です。『高森は雪ですかー、今日は特に寒いですよね!』『ああ、すみません、あれ去年の写真です。』その日の気分で自由気ままに何とでも書くものですからご迷惑おかけします。適当に読み流してください。そいでもって今日は今年8月の写真・・

  • 2012年10月26日

    704

    今朝は小雨で冷え込みますね!ブログを更新しようとパソコンを開いて思わず開いてしまったのがこの画像です。見てるだけで寒いわ・・・・阿蘇高森に建つ雪中のログ・・おーさぶい〜・・

  • 2012年10月24日

    703

    太陽の自然光を室内に取り込むメリットはエネルギー節約にもなるが何と言っても一番のメリットはポカポカとした陽光がガラス越しに差してきて気持ちを明るく朗らかにしてくれる事である!毎日が背中を押されるような忙しさの中で様々なストレスに晒される現代社会にあって例え一瞬でも心の中にに平安を持つ事は時代を生き抜く智慧となる。

  • 2012年10月20日

    702

    2階吹抜けからの画像です。将来のエネルギー事情を考え太陽が沈むまでは自然光を取り入れて生活できるような設計プランを心がけている。風の方向や太陽の軌道を考えて自然エネルギーを生活の中に取り入れる日本古来の建築様式が見直される様になるだろう!最近は温度の安定した地下熱を取り込む研究も進んできている。自然の中に住まわしていただいていると言う謙虚な心で古き良き技術を基礎に新しい技術を積み増して住むのにコストのかからない家造りが今後求められるだろう。

  • 2012年10月18日

    701

    最近はタイルもオーナー様がネットで購入して私達が施工するパターンが増えてきた。以前宮崎都城に行ったときホームセンターでカートに山盛り資材を購入する人々の光景を眺め『ああ、これが将来の建築の姿かも』と思った事が有る。今はホームセンターとかネットで自分の気に入ったものを買えるし価格は建築業者が太刀打ちできる範囲を超えたところで勝負される。あのとき頭の中をよぎった光景が現実になった。私達はプロの建築業者としてお客様が思いを入れて買った商品を丹念に施工する。それでお客様は建築費をコストダウンできるし建築業者も施工技術で生き残るチャンスも広がる将来は建築請負業ではなくて技術請負業になるかも・・ちなみに宮崎都城のホームセンターは『ハンズマン』でした。

  • 2012年10月17日

    700

    高齢者を自宅介護する将来環境になりつつあるのでトイレは車椅子対応のバリアフリーで腰壁と床はタイル貼りで仕上げています。どうしても染みや臭いが気になるので水で洗い流せる様にしています。洗剤でガシャガシャ洗えるのでサッパリして気持ちいいですよ。

  • 2012年10月04日

    699

    ロフトの寝室画像です。だいたいロフト自体は画像のような感じで茶室に似た性格を持ち閉鎖された空間的なところが有るので物事を思考したり心を落ち着かせるのには最適ですが床面積の割には居住面積が少ないのが難点です。でも少年の心を取り戻し心が平安を得られるのであればそれ以上を求めなくてもと言う人は多いですね。

  • 2012年10月03日

    698

    2階のお部屋の画像です。ログハウスの2階と言うと”ロフト”のイメージが有ると思います、ロフトは夢が有って憧れですがどうしても無駄なスペースが出来て狭くなります。そこで画像のような広い空間にするには”ドーマ”を付けるとお部屋が有効活用できます。