ログハウス日誌 | ログキャビン劍

ログハウス日誌

  • 2012年05月26日

    660

    天草本渡N様の収益物件も屋根瓦まで進みお陰で梅雨前には全て瓦工事が終わりそうです。今回のN様物件はアパートなのですがとてもアパートとは思えないゴージャスで気品ある建物の風格が出てきました。この先何十年の年月を経て尚且つお客様が『こんなアパートに住んでみたい』と選ばれる収益物件としてN様の理想のお手伝いをさせていただければと言う思いで作らせていただいています。

  • 2012年05月25日

    659

    【やまぼうし】の改良品種ミルキーウェイです。我家のガーデンに来て6年位になるのですが日当りが悪いせいでしょうか1m位からあまり大きくなりません。もしかして都会のマンションベランダに置いても背があまり大きくならないように品種改良されているのかもですね。この品種の特徴は花付が非常におおいので華やかで(※我家のは日陰なのであまり花が付かない。)真っ白の花びらと緑の葉のコントラストがとても美しいですよ!

  • 2012年05月23日

    658

    中国の人が日常的に家庭で使っている湯呑みです。フタを開けると茶葉を入れる陶器で出来た茶こしが付いていてそこに好みの茶葉を入れて上からお湯を注ぐとお茶の出来上がりです。濃いめのお茶が好きな人は少し時間を置いてから飲みます。中国人らしい合理的な考え方が詰まった湯飲みというか茶器と言ったほうがいいかもしれませんね。

  • 2012年05月22日

    657

    ヨーロッパバルカン半島原産の【カンパニュラアルペンブルー】がいま見ごろです。淡いブルーがガーデンをジュータンのように覆いつくしログハウスをより美しく引き立てます。1株で直径1m位の円形状に広がるので3株も植えれば充分に見ごたえがあります。5月のこの時期心に爽やかな風を送り込んでくれるようでまた来年も咲かせたいと思わせる花です。

  • 2012年05月20日

    656

    スーパーに行ってサーモンとマグロ赤身のブロックそれと車えびを買って来ました。嫁さんに『まさか昼間から飲むつもりじゃないんでしょうーねー!』と白い目で見られ・・・ゴソゴソと台所へ、車えびの皮を剥き背中に包丁を入れて背ワタを取り除きます。あまり深く包丁を入れすぎると茹でた時に身がひっくり返りますので手加減しながらやります。鍋に水を入れてエビを放り込み沸騰したらサッと上げるのがコツです。これを1分とか茹でると硬くて美味しさ半減しますので注意、それと水はエビが出ない程度の少量で良いと思います。水が多いとお湯が沸くまでに時間がかかりこれまた硬くなります。後は解凍したサーモンとマグロを刺身包丁でそぎ落としお皿に並べてパセリをちゃちゃっと載せれば刺身の出来上がり。これからの季節ビールの栓をプシュッと抜いてワサビの効いた醤油にエビをサッと着けてがぶりとやる!!最高ですね。

  • 2012年05月18日

    655

    天草市に建築中の当社ブランド【ヴィンテージ】の建て方が連休前に行われました。ヨーロッパ中世の田園住宅をイメージした建物で焼き物カワラに塗り壁と大きな柱の間に組み込まれる小さな柱のバランスが通りを歩く人の目を引き付けます。この建物は7月末〜8月に完成予定の賃貸物件で誰でも借りる事が出来ます。屋外の物置やエアコンも装備していますのでお気軽にお問い合わせ下さい。天草の海が見える丘の上でゆったりと暮らしたい人にピッタリの家です。

  • 2012年05月17日

    654

    今年も水道の蛇口の近くに秘めやかに・・と言うか華やかにと言うか・・素晴らしい香りを愉しませてくれるオールドローズの【マダム・イサーク・ペレール】が咲きました。この薔薇が咲く頃にやっと肌寒かった季節もゆっくりと去りガーデンの植物たちが待ちに待った梅雨が来るんだなーッと感じます。今年のマダム・イサーク・ペレールは葉っぱを虫に網目状に食われていますが花は例年にも増して鮮やかなピンクで香りも素晴らしく車の中に花びらを放り込んでいると天然の香水に早変わりします。

  • 2012年05月16日

    653

    窓に目をやれば濃い緑が木枠のガラス越しに飛び込んできます。ソファーにゆったりと座りガーデンの木々を眺めていると日々の喧騒から開放され心が平穏を取り戻します。波動は似たような波動を引き寄せると誰か言っていましたが特に乱れた波動は伝染するので周りに荒れた人がいるとき※特に嫁さん・・は要注意です。即逃げましょう!でも用心しないと嫁さんに『貴方は何時も逃げてばかりで話を聞いてくれない!!』なんて愚痴られ結局伝染波動をまともに被り悶々とした日々を過ごす羽目に・・・そんなときは気分転換に緑を眺めてください木には癒し効果が有りますので・・

  • 2012年05月15日

    652

    大連のお茶屋さんに寄った時に見つけた茶器です。【天福】と言う銘が入っていて白地に桃の絵が上品だったので気に入って買ってきました。この手の茶器は中国茶の主に 『緑茶』『白茶』をいただくときに使います。緑茶で有名なものは西湖龍井茶、黄山銀毛等があります。白茶では白牡丹が日本では出回っているようです。龍井茶(ロンジンチャ)は西湖で作られるものが最高とされていますが生産地も色々ありますので価格もまた色々です。説明書には西湖最高級商品なんて説明がして有りますが産地証明が曖昧な中国ではどれが本物かはやっぱり飲んでみて自分にあったお茶を納得の価格で買うのが一番です。

  • 2012年05月14日

    651

    【レッドパインの奇跡】そう呼びます。14年前に建てたログハウス全てレッドパインで造られています。レッドパインとはツンドラの地で1年にわずか数ミリの年輪しか刻まない赤松です。木造建物は年月と共に風化し老朽化し腐朽するイメージが皆さん強いのではないでしょうか?時間の経過をものともせずいやむしろ時間の経過と共に輝きを増すレッドパインは人のDNAに深く刻まれそのイメージに囚われて離れない強烈な奇跡の木なのです。皆さん一度見に来てくださいお待ちしております。

  • 2012年05月12日

    650

    ウブドのロイヤルピタマハは崖にへばりつくようにコテージが建っています。ロイヤルピタマハに限らずウブドのホテルは大半がアユン川の絶壁にホテルを造っていると言ったほうが良いかも知れませんね。崖にコテージだけでなくプライベートプールも1戸1戸に全て付いているので驚きです。隣とのコテージの境には木や熱帯植物が生い茂り2m位の高い塀で仕切られ完全にプライベートが保たれるように設計されています。テレビもオーディオ設備もないホテルに一年を通じて世界中からお客様が訪れる秘密が何処にあるのでしょうか?画像はロイヤルピタマハのコテージです。

  • 2012年05月11日

    649

    上海の豫園(ヨウエン)です。この豫園には上海でとても有名なお茶屋さんがありますが日本人には意外と小龍包で知られているかもですね。タクシーに乗り中国老街と言うと大概の運転手はこの豫園に案内してくれます。言葉が通じないときにはメモ用紙に書くと瞬時に『好的』と言って連れて行ってくれますが上海市内は何処に行っても大渋滞なのでタクシー料金がかさみ思わぬ出費となりますから充分に場所を把握してから乗ってください。この豫園で例えば【祁門紅茶】なんか飲むと2千円位とられますので良くメニューの金額を確かめてオーダーしてくださいね。

  • 2012年05月10日

    648

    祁門紅茶【チーメン紅茶】を使ってロイヤルミルクティーを作ってみました。紅茶は沸騰したお湯を素早くティーポットに入れるのがコツです。高温のお湯で入れた紅茶はジャンピングといって葉がテイーポットの中で勢い良く飛び上がると言うかグルグル廻ると言うかそんな現象を引き起こし紅茶の葉っぱから香りを引き出しますがお湯の温度が低いとジャンピングは起きず紅茶の香りを引き出せません。興味と暇のある方はテイーパックの紅茶で実験すると歴然と香りに差が出ますので試してください。テイーポットの紅茶はこれまた素早くストレーナーで漉してカップに移します。長々と書きましたが一連の作業は2分位でしょうかね・・後は生クリームとシナモンをパッと加えて出来上がりです。そのままグッと飲んで口の周りに生クリームをベッタリとへばりつかせるも良し、シナモンのステイックで生クリームをかき混ぜて上品に飲むも良し、どうでも良いけどやっぱりアフターヌーンテイーは優雅ですネ。

  • 2012年05月09日

    647

    以前中国安徽省無湖に行ったときに買って来たバラのお茶です。上海→蘇州→南京→無湖と汽車で8時間ゆられて辿り着きました。安徽省は世界3大紅茶で有名な祁門紅茶【チーメン紅茶】の生産地なのです。時間がない人は手っ取り早く上海のお茶屋さんで買うのも良いのですが2つの問題があります。1つはバカ高い価格設定、2つ目は言わずと知れた*セ物を掴まされる!偽物をバカ高い値段で売りつけられたら洒落になりませんよね・・・で時間がある閑人は安徽省でお茶市場をぶらぶらしながら品定めと価格交渉をすると旅費くらいはすぐに取り戻します。ついでに景勝地【黄山】観光の費用まで浮けば上々ですよね。チーメン紅茶とバラ茶は商売して良いくらい買い込んでますから天草に来た折にはちょっと時間を下さい。本物を一緒に楽しみましょう。

  • 2012年05月08日

    646

    フランス大統領が代わりましたね。新しい大統領は経済発展をスローガンに勝った様です。確かにフランスは失業率も高いし財政再建も進まずユーロの縛りに喘いでいる感がありフランス国民は新しい大統領を選んだのは分かります。そこで素朴な疑問が浮かびますがこの時代にどのような形で経済発展を目指すのか何を経済発展に結び付けて行くのか非常に興味が湧いて注目したいと思います。ギリシャも新たな道を歩みだしたので今後が注目です。

  • 2012年05月07日

    645

    現代社会は何かと忙しくちょっとした事でダメージを受けたり気分が滅入ることが多い『何かスカッとする事いかな?』『気分を変えたいんだけど今の自分じゃどうにも出来ないかな?』なんて思っている人けっこう多いんじゃないですか?そんな時には美しいガーデンに美しい木がありちょっとしたウッドデッキもある風景を想像してください。小さなテーブルに真っ白のテーブルクロスをさっと掛け椅子に足を組んで斜めに腰掛けて美味しいコーヒーをグッと一杯飲むそしてボーっと何も考えずに美しいガーデンを美しい景色を心ゆくまで楽しむ・・・長い妄想ですがほんの少しの時間で良いと思いますよ。そんなログハウスと美しいガーデンがあれば瞬間で癒されます。何しろ妄想を書いてる本人が何時もそうしてますから・・・

  • 2012年05月02日

    644

    約100年前オランダはバリ島を観光地としてヨーロッパに宣伝しました。その後ヨーロッパ人かロシア人か名前は忘れましたが王様と協力してバリの人々にも恩恵がある現在の様式が造り上げられました。バリのコテージはプライベートとオフィシャルをうまく使い分ける工夫がされていてワイワイ楽しくやれるスペースとゆったりとくつろげるスペースが森や高い塀で区分されています。日本にもそんな場所が沢山あればわざわざバリやタイに行かなくても良いのですが以前雑誌でアマンリゾートのオーナーはコスト問題でコテージタイプのリゾートは採算が合わないような事を言っていました。でもそこを何とかしてリーズナブルな価格でやってほしいものですね!画像はバリフォーシーズンズ ジンバランベイのコテージです。

  • 2012年05月01日

    643

    小林秀守さんの著書【2009〜2015世界経済はこうなる!】を見れば恐ろしいくらいに小林さんの予測通リに世界経済は動いています。この本には10年くらい先までのアメリカ、EU、中国、ロシア、日本、中東・・・トヨタ、GM等の経済動向が書かれています。先のことは判りませんが既に過ぎ去った2009年から現在までことは検証できるので面白いですよ。小林さんによるとこれから先に生き残る鉄則が5つあるそうでその内の2つは【心の平安と健康】そして【一切の情報を遮断する場所】だそうです。私どもがこれから先に皆さんにお手伝いできそうな事はログハウスに思いを込めて心の平安と健康、情報を遮断する場所をご提案する事でしょうかね。